最新のお知らせInformation

Information

TOKYO WOOD

2014/10/15

こんにちは小嶋です。

今日は朝からバタバタと打合せをしています。
TOKYO WOODを日本一のブランドにする為に、
強度測定をし印字を行ってきましたが、
今回はそれを実証する為に香りの測定を行います。

臭気測定は以前、F✩✩✩✩の構造用合板や、
シックハウスの判定に用いたことはありますが、
今回はその経験を活かして檜の一番大切な香りの判定をします。

弊社が追い求めてきた檜は、一般の方が見て触れてみて、
惚れてしまう檜!
その為に、産地証明(東京都で伐採された檜)や、
強度の証明(E-90以上)、含水率(SD20%以下)が証明を行い
更に香りの部分に拘りを持ちました。

香りのこだわりには天然乾燥が必要であり、
高温の人工乾燥では得られない香りが得られます。
そして檜の一番大切な油分を保護します。

この檜を作り上げるには、
パートナーである沖倉製材所の沖倉社長、
中嶋材木店の中嶋社長のご協力が必要でした。

大変ハードルの高い要望を出し、
お二人には大変ご苦労をおかけしましたが
努力の甲斐もあり、現在は天然乾燥の檜を出荷できるようになりました。

数値的な証明は、機械で測定すれば良いのですが、
一般の方が見ただけで、そして香りを聞いただけで、
惚れ惚れするピンク色の檜に仕上げたかったからです。

そして出来上がったピンク色の檜をTOKYO WOODと名づけました。

TOKYO WOODを使用した、耐震性、温熱環境、劣化対策等、
全てを拘った住宅を更に一歩前進させ、その根拠を証明したいと思います!

10/23に行われる実験で、TOKYO WOODのブランドは、
山や森を守るということだけでなく、
住宅の構造材として日本一の檜である事を、
必ず証明したいと思います!!
546690_178230568972670_1672360964_n[1]

一覧へ戻る