最新のお知らせInformation

Information

沖倉製材所:FSC / SGEC-CoC認証の定期審査

2017/08/18

TOKYO WOOD広報の浅野です。

先日8月17日(木)はTOKYO WOOD製材担当である沖倉製材所のFSC / SGEC-CoC認証の定期審査日でした。沖倉製材所では昨年認証を取得しており、今回は第1回目の定期審査となりました。

沖倉製材所:FSC / SGEC-CoC認証の定期審査

FSC / SGEC認証とは国際的な認証基準であり、地域認証である多摩産材認証よりもさらに厳しい基準で審査をされます。

>>>認証については田中林業コラムでも紹介しています。

例えば、「東京の木を使っていると言っているけど、本当に東京の木なの?」というご質問を頂く時もあります。FSC/SGEC認証では、木材を保管する場所から加工の工程手順まで非認証材と混同しないか細かくチェックされます。また、作業現場だけではなく従業員への指導や安全基準はどうなっているのか、という部分まで確認しますので正直かなり大変です。(さらに審査費用も大変です。笑)

私たちは元々東京の木をメインに扱っていますが、こういった認証資格を持っている事により、お客様が安心し、私たちも自信を持って東京の木をお届けすることができます。

TOKYO WOOD普及協会では、各木材事業者が森林認証を取得しております。

■生産者
田中林業株式会社 FSC認証
株式会社東京チェンソーズ FSC/SGEC認証

■製材所
有限会社沖倉製材所 FSC/SGEC認証
有限会社中嶋材木店 SGEC認証

■プレカット
株式会社タカキ FSC/SGEC認証※11月取得予定

正確に申し上げると、最終施工会社である工務店まで認証のチェーンが繋がっていないと認証材とは言えないのですが、TOKYO WOODでは全ての事業者がチェーンを繋げられるよう認証取得を進めてまいります。これは私たちが常々考えている「根拠のある家づくり」の一環でもあります。

唯一無二のTOKYO WOODを安心してお届けできるよう、これからも頑張ってまいります!

FSC 田中林業の森▲FSC 田中林業の森

FSC 田中林業の森▲FSC 田中林業の森

一覧へ戻る