最新のお知らせInformation

Information

い・ろ・は・に~

2012/07/29

今日、近所のBBQランドは10時には満車で、
次から次へと来る車の対応に交通係の人は大変そうでした。

そんな、皆さんの夏休みとは裏腹に私は一人で工場で明日出荷する
ヒノキの柱へ番付け作業をしました。

番付けとは、和室など見える柱をどこに使うかを振り分ける作業です。
家の建築は囲碁盤の枡目のように家を3尺枡に枡目入れて、
東西​方向に「い・ろ・は・に~」と南北方向に「1・2・3~​」と
柱の場所を図面で示します。見える面に節がでないように、
図面を見ながら、且つ木の節をみながら、
「これはここに使えばこの面が隠れてこの面がきれいに見える。」
などと柱を使う場所を指示するのです。
案外面白い作業です。
この柱は教会に使われる6寸(18センチ)角です。

中嶋材木店 中嶋社長 発信

一覧へ戻る