沖倉製材所

眠っていたものが一斉に動き始める季節

有限会社沖倉製材所

沖倉 喜彦

TOKYO WOOD WORKER’S 沖倉製材所の沖倉です。
3月となりだいぶ春めいて来ました!いよいよ 眠っていたものが一斉に動き始める季節となりますね。そんな動きたくなる時季にもってこいのイベント、今年第一回目となる「TOKYO WOODを知るバスツアー」が4月22日(土)に開催されます!

 

沖倉製材所

山からつながるTOKYO WOODの家づくりが このツアーで堪能出来ますので興味のある方はぜひお問い合わせいただきたいと思います!

沖倉製材所では、こだわりのヒノキの柱が出来るまでを体感いたします。都内唯一の木材性能検査機にて強度、含水率を一本一本検査をし基準に合格した材のみを使用いたします。当日は実際に測定して印字するところをお見せいたしますのでお楽しみに!

製材所見学の前には 檜原村 東京チェンソーズさんの社有林に入って木々の学びもいたしますので たいへん有意義な一日になります。地産地消の家づくりをお考えの方には正にお勧めのツアーですので ご参加をお待ちしております!

 

沖倉製材所

そしてTOKYO WOODの最大のこだわりは、それはあるものを活かすこと!そこにあるものをいかに活かすか、その当たり前のことが大前提で 「東京の森で家づくり」につながるのです!

簡単に出来るようで実は簡単ではない、それでもこだわり続けてどんな時にもぶれずに成し遂げていく。全ては林業の再生のために、挑んでまいります!

>>>バスツアーのご予約はこちら