沖倉製材所

WORKER’Sより、思いを伝えるバスツアー

有限会社沖倉製材所

沖倉 喜彦

皆様、こんにちは。
TOKYO WOOD WORKER’S 沖倉製材所の沖倉です!

夏本番の8月となり日々工場では従業員と共に良い汗をかいています。
夏と言えば、TOKYO WOOD恒例のバスツアーです!今回は8月26日(土)に開催されます。

WORKER’Sの一人としてお客様に会える日であり、思いを伝えることが出来る日でもあり、毎回楽しみなひと時であります。当日は最初に檜原村の東京チェンソーズさんの社有林にて、東京の森や林業について学び、昼食後には東京で唯一の原木の市場、多摩木材センターに行きます。山から伐り出し、搬出されたTOKYO WOOD(原木)に会いに行きます!

沖倉製材所

最後にTOKYO WOODの供給元である沖倉製材所に移動し、工場見学をしていただきます。このツアーの最大の見せ場であるグレーディングマシーンにて性能検査された TOKYO WOOD ヒノキの柱が生まれる瞬間をご覧いただきます!厳選された丸太がこだわりの乾燥方法で柱として製品になるまでをぜひ体感してください。

沖倉製材所

他にも子供から大人まで楽しめるヒノキの丸太切りなど、盛りだくさんの工場見学です。TOKYO WOODの新商品のお披露目も行う予定ですのでお楽しみに。

そしていよいよ東京の木・多摩産材、三鷹の展示場も来年の4月オープンに向けて動き始めています!東京の森の再生に繋げるためにも 我々東京の製材所として精一杯取り組まさせていただきます。皆様、何卒よろしくお願いいたします。しばらくTOKYO WOODから目が離せませんね!

沖倉製材所

*8/26(土)のバスツアーは定員に達しており、締切らせていただいております。沢山のお申込みをありがとうございました。
なお次回は10/28(土)の開催を予定しております。募集につきましては、また改めてお知らせさせていただきます。