TOKYO WOODチームの集大成

TOKYO WOODチームの集大成

有限会社沖倉製材所

沖倉 喜彦

皆様、こんにちは。
TOKYO WOOD WORKER’S 沖倉製材所の沖倉です!

多摩産材モデルハウスがいよいよ本日オープンしました!この建築は我々TOKYO WOODチームの集大成でもあり 新たな取り組みのスタートでもあります。多摩産材の認証制度が導入されたのが今から10年前、平成18年4月のことですが、東京の森は遥か昔から林業、製材業が盛んに行われていました。我々の先代、先先代の熱い想いで今日まで森は活かされていたのです。

    TOKYO WOODチームの集大成

地場材として世に出された時代は次第に外材や他府県材との競争力に衰退し始めて来たのです。そんな中20数年前になりますが東京の木をブランド化しようと木材組合の青年部の取り組みこそがTOKYO WOODの基盤を作ったと言っても過言ではありません。林業、製材業、プレカット業、建設業が同じ志で森から始まる家づくりを貫いていく、全ては東京の森の再生のために。

  • TOKYO WOODチームの集大成
  • TOKYO WOODチームの集大成

多摩産材モデルハウスは 東京の木の見所が満載の木の家に仕上がっています。材の使い方はもちろん、設計も最高であり、大工さんの腕の良さや木使いのセンスも随所に見受けられます。これはTOKYO WOODの家づくりを今まで見てきた私も大絶賛です。

家づくりを検討している方やリフォームを考えている方はぜひ この多摩産材モデルハウスに足をお運びください。必ず何かしら得るものがあると思います。その空間の居心地の良さに暮らしのイメージや、風景をぜひ思い浮かべて見てください。私からのオススメは杉の浮づくりの床材、素足でその感触を体感してみてください。

  • TOKYO WOODチームの集大成
  • TOKYO WOODチームの集大成

多摩産材モデルハウスの木の使い方、本当にお伝えしたいことだらけではありますが 次回に取っておきます。それだけ全てが見せ場になっています。季節も夏に向かって活発になって来ましたので、ますます檜のいい香りが漂ってくると思います。皆さまにモデルハウスやバスツアーでお会い出来ることを楽しみにしております。

私は変わらず日々製材業に精進してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。